兵庫県議会議員 石川憲幸(いしかわのりゆき)の公式サイト
文字の大きさ変更

のりさんブログ

令和元年度管理職研修(課長級)にて講話

2019年6月7日

250-1 250-2 250-3 250-4 250-5

5月9日、
『やってみせ 言って聞かせてさせてみて
褒めてやらねば人は動かじ』
これは誰でも知っている
山本五十六大日本帝国海軍大将の言葉ですが、
この語録の続きがあるのをご存知でしょうか?
『話し合い 耳を傾け承認し
任せてやらねば人は育たず』
『やっている 姿を感謝で見守って
信頼せねば 人は実らず』
この3語録で一対なんですが、
読まれて何か気付かれませんか?
そうなんです、
行動は全て肯定形で書かれているんです。
実は山本五十六大将が卒業した
新潟県長岡市の阪之上小学校に
10年ほど前に視察に行ったんですが、
そこの校長先生曰く、
『うちの学校は子供たちに
決して否定形で指導しないんです。
例えば、廊下を走るな!って言っても
言う事を聞かない、
廊下はゆっくり歩こうね!と言うと、
大概の子供たちは素直にはい!と言って
従ってくれる、これが本校の伝統なんです。』
山本五十六大将もこの校風を体得して、
偉大な指導者に上り詰めていったのかと
感動した次第です。
どうぞ8級に進まれた皆さんも
肯定形での話し方で素晴らしい指導力を
発揮されますよう期待しております。

兵庫県庁管理職研修(課長級)IN農業共済会館

もっと見る