兵庫県議会議員 石川憲幸(いしかわのりゆき)の公式サイト
文字の大きさ変更

心に残ったキーワード

頑張っていれば、いつか報われる。

待ち続ければ夢は叶う。

そんなのは幻想だ。

たいてい努力は報われない。

たいてい正義は勝てやしない。

たいてい夢は叶わない。

そんなこと現実の世の中ではよくあることだ。

けれどそれがどうした?

スタートはそこからだ。

技術開発は失敗が99%。

新しいことをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。

だから寝る時間、食う時間を惜しんで何度でもやる。

さあ、昨日までの自分を超えろ。

昨日までのHONDAを超えろ。

負けるもんか。

 

奪い合えば足らぬ、

分け合えば余る

    あいだみつを

落ちるリンゴを待つな。
 
新社会人おめでとう。君は今どんな職場で出発の日を迎えただろうか。
 
それがどんな仕事であれ、そこは君の人生の出発点になる。
 
仕事とは何だろうか。君が生きている証しが仕事だと私は思う。
 
大変なことがあった東北の地にも、今、リンゴの白い花が咲こうとしている。
 
皆、新しい出発に歩もうとしている。
 
君はリンゴの実がなる木を見たことがあるか。
 
リンゴ園の老人が言うには、
 
一番リンゴらしい時に木から取ってやるのが、大切なことだ。
 
落ちてからではリンゴではなくなるそうだ。
 
それは仕事にも置きかえられる。
 
落ちるリンゴを待っていてはダメだ。
 
木に登ってリンゴを取りに行こう。
 
そうして一番美味しいリンゴを皆に食べてもらおうじゃないか。
 
一、二度、木から落ちてもなんてことはない。
 
リンゴの花のあの白の美しさも果汁のあふれる美味しさも
 
厳しい冬があったからできたのだ。
 
風に向かえ。苦節に耐えろ。
 
常に何かに挑む姿勢が、今、この国で大切なことだ。
 
夕暮れ、ヒザ小僧をこすりつつ一杯やろうじゃないか。
 
新社会人の君達に乾杯。
 
                   伊集院静



 

マハトマ・ガンジーの7つの大罪

 1、哲学なき政治

 2、道徳なきビジネス

 3、労働なき富

 4、人格なき教育

 5、人間性なき科学

 6、倫理なき快楽

 7、献身なき宗教

もし貴方が、もっと高く飛びたいと願うなら、

風に向かって飛びなさい。

社会が衰退していく時に、共通して現れる条件

 1、国民の心にエゴイズムが生じる

 2、国民が自立心を失う

 3、指導者が大衆迎合を始める

 4、若者の指導を怠るようになる

 5、幸せをお金や物の量で計るようになる

      親日派で有名なイギリスの歴史家アーノルド・J・トインビー

年季の入った夫婦とかけて、

治りかけの風邪と解く。

そのココロは、

熱は冷めても、セキはまだ残っています。

1928年、第1回普通選挙が実施されたが、

立憲政友会の選挙公約には、

「地方分権 丈夫なものよ、一人歩きで発展す。

中央集権 不自由なものよ、足を痩せさせ、杖もらう。」

 

「我が国の行き詰まりを打開する第二維新の第一歩は、

政治の中央集権、画一主義、官僚主義を打破して、

徹底した分権主義を採用することである。」

                            石橋湛山

            

山岡壮八が、海軍報道班員だった時、

特攻隊の本音が知りたくて、

西田高光中尉に話しを聞いた。

「こんな絶望的な戦争に、貴方は喜んで行くのか?」

その問いに、

「学鷲は一応インテリです。そう簡単には勝てるとは思っていません。

しかし負けたとしても、その後はどうなるのか、

我々の生命は民族の誇りとして、

講和の中にも、日本人の運命の中にも繋がっていきます。」

悲観主義は、気分によるものであり、

楽観主義は、意思によるものである。

                    フランスのアラン

(1) 2 3 »