兵庫県議会議員 石川憲幸(いしかわのりゆき)の公式サイト
文字の大きさ変更

最新のりさんブログ

  • 丹波ボランティア協会にてボランティア演奏

    [ のりさんブログ ]  2017年1月27日

    ボランティア2 ボランティア3 ボランティア4 ボランティア5

    1月23日、
    丹波市内でボランティアに携わっている
    丹波市ボランティア協会の皆さんの前で、
    これまたボランティアでいろんな所に出向いて、
    マンドリン演奏を続けている『クローバー』が、
    出演させてもらって一緒に会場を盛り上げる、
    なんともほのぼのとした
    心温まる演奏会になりました。
    外は朝から粉雪が舞う最悪の天候でした、
    一時は中止を考えられたそうですが、
    そんな心配を覆す会場一杯の参加人数となりました。
    流石は日頃から無償の愛情を注いでおられる
    丹波市ボランティア協会会員、
    こちらが感動しました。

    丹波市ボランティア協会講演会での
    マンドリン演奏IN春日町ハートフルかすが

  • 初めての大路地区新春交流会

    [ のりさんブログ ]  2017年1月27日

    交流1 交流2 交流3 交流4 交流5

    1月22日、
    春日町大路地区新春交流会IN三尾荘
    なんと大路地区で、新春に各種団体が
    集まって交流する催しは、今まで無かった。
    今回が初の試みだが、ユニークなのは、
    各種団体の役員のみならず
    一般住民どなたでも参加出来ること。
    これは他地区では行われていない大路スタイル。
    記念すべき第1回は、
    ゲストに谷口進一丹波市長、
    そして地元出身の(株)わかさ生活角谷社長。
    これから交流人口をどんどん増やしていこうと、
    前向きな事業計画を発表して盛り上がり、
    3時間の初の新春交流会は閉会となった。
    午後1時からの開始時刻でノンアルコール、
    これまたユニークな新年交流会だった。

  • 青垣町後援会新年会

    [ のりさんブログ ]  2017年1月27日

    黒井や1 黒井や2

    1月21日、
    ・豪雪に対する除雪作業の円滑な対応
    ・青垣町内小学校統合に向けての通学路確保
    ・ソーラーパネル設置基準の早期整備
    ・廃校となった小学校の活用方法
    その他、人口減少対策や自然景観保護、
    道路整備促進等、あらゆる角度から
    様々な要望、陳情、提案、意見、いただきました。
    しっかり受け留めて、
    1つ1つ丁寧に進めていきます。

    終盤になってから丹波市消防団幹部が
    表敬訪問してくれて更に盛り上がり、
    料理屋から『もう帰ってくれ』との
    お小言をいただいて夜更けにお開きに。

    石川のりゆき青垣町後援会新年会IN黒井屋

    もっと見る

  • 兵庫県伝統文化研修館を視察

    [ のりさんブログ ]  2017年1月27日

    伝統1 伝統2 伝統3 伝統4

    1月20日、
    『伝統文化は祖先から受け継いだ財産である。
    今の時代の文化も、100年後には
    伝統文化の一部分もなりうる。
    だからこそ、今ある文化を如何に継承し、
    伝えていくかが大切となる。
    伝統文化は芸術のみならず、
    生活全般の事であり、
    最も大切なのは、
    その『こころざし』心の有様だと思う。
    科学の目覚ましい発達により、
    宇宙全体との共存共栄に
    人間が目を向ける未来が来たとしても、
    日本古来より伝えられた『和の心』、
    良き精神を受け継いでほしいと願っている。
    研修館寄贈への想いはここにある。
    平成28年11月 濱田 昌子 』

    伝統文化継承の願いを込めて、
    濱田昌子氏は、姫路市双葉町にある
    400m2の敷地と建物を兵庫県に寄贈され、
    兵庫県は、伝統文化研修館に位置付けて、
    若い世代の育成道場として活用している。

    総務常任委員会西播磨管内調査にて

  • 銀の馬車道交流館を視察

    [ のりさんブログ ]  2017年1月27日

    銀1 銀2 銀3

    1月20日、
    日本初の高速産業道路『銀の馬車道』を
    中播磨の地域資源として広く情報発信し、
    人口交流や地域活性化につなげていこうと、
    平成19年『銀の馬車道交流館運営協議会』を設立、
    同年神河町中村地区に
    『銀の馬車道交流館』が設置された。
    現在の会員は企業団体個人合わせて35名、
    古民家空き店舗を活用した賑わいづくりの研究
    子供達による壁画作成
    銀の馬車道ふれあいウォーキング等
    多彩な地域振興事業を展開している。

    総務常任委員会西播磨管内調査にて