兵庫県議会議員 石川憲幸(いしかわのりゆき)の公式サイト
文字の大きさ変更

最新のりさんブログ

  • 丹波市消防団平成最後の初出式

    [ のりさんブログ ]  2019年4月25日

    244-1

     

    244-2

    4月21日、
    『丹波市消防団平成最後の初出式ご苦労様です。
    引き続き令和になっても変わらぬ御精励を
    期待し、祝辞と致します、終わり。』
    なんとか10秒前後で終わりました👌

    丹波市消防団平成31年度初出式IN氷上町住民C

     

     

  • 多可柏原線玉巻地区歩道整備に向けての現地調査

    [ のりさんブログ ]  2019年4月25日

    243-1 243-2 243-3 243-4 243-5

    4月20日、
    最近、横断歩道を青信号で渡っていても、
    路線バスや乗用車に跳ねられて、
    尊い生命を失われる交通事故が多く発生し、
    改めて交通安全対策の重要性を
    重く受け止めている。
    地元丹波市においても、子供達の通学路で、
    歩道の未整備区間が数カ所残っているが、
    県道多可柏原線の山南町玉巻地区もその一つ。
    玉巻地区にはJR福知山線と加古川線の踏切が、
    近距離で設置されているため、
    歩道整備にはJR協議が必要となり、
    歩道完成には、かなりの時間を要している。
    しかし地元の皆さんにとっては、
    かけがいの無い子供達の生命が
    危険にさらされる重大案件だけに、
    一日も早い歩道整備が望まれる。
    本日は土曜日で登下校の子供達はいなかったが、
    約250mの未改修部分を歩かせていただいた。
    早速、丹波土木事務所と打ち合わせて、
    歩道整備に向けた計画を進めていきます。

    県道多可柏原線歩道整備期成同盟会定例会
    IN山南町玉巻地区

  • 丹波市戦没者追悼式典

    [ のりさんブログ ]  2019年4月25日

    242-1

    4月12日、
    終戦から73年経って
    先の太平洋戦争を知る人も少なくなり、
    『本当に日本はアメリカと戦争したのですか?』
    なんて尋ねる若者も増えてきたこの時代に、
    苛烈な戦いで散華された御霊を慰める
    丹波市戦没者追悼式典、
    今年も厳粛に挙行されました。
    経費削減と参加者減少の影響で、
    2年に一度とか5年に一度など、
    回数を減らす自治体が多い中で、
    我が丹波市は毎年写真のような
    盛大で厳粛な式典を続けていただいている。
    末永い平和と安寧を願うばかりです🙏

    丹波市戦没者追悼式典IN春日町文化H

  • NHK神戸放送局林局長と面談

    [ のりさんブログ ]  2019年4月25日

    241-1 241-2

    4月10日、
    初めてお出会いしたのは確か、
    1年ほど前の同級生の会『高砂会』でした。
    もちろん同い年ではありませんが😅
    再びお出会いしたのが、
    朱哲完韓国総領事の神戸退任パーティ、
    なぜか神戸一美味いピザの話で盛り上がり、
    夜遅くまでピザ屋からカラオケバーと
    お連れして神戸の隠れ家をご案内しました。
    そんなこんなのご縁で
    それ以後は某所某所で親しくお付き合い頂き、
    本日は『丹波市の歌』のコマーシャル、
    大河ドラマ『麒麟がくる』に因んだ
    丹波市の取り組み等
    丹波市の前向きなPRに是非お力添えをと、
    沢山の資料と『やながわ』の銘菓を添えて、
    お願いに上がりました。
    谷口進一丹波市長の熱い思いを
    是非お汲み取りいただき、
    ご協力をよろしくお願いします、
    林理恵NHK神戸放送局長様🙏

  • 歳寒の松柏(柏原高校の校章)

    [ のりさんブログ ]  2019年4月19日

    240-1 240-2 240-3 240-4

    4月8日、
    48年前に皆さんと同じように
    この柏原高校の校門を
    胸膨らませてくぐった同窓生として
    覚えておいてほしい言葉を贈ります。
    それは『歳寒の松柏』という言葉です。
    今から約2500年前、
    中国で大活躍した偉大な哲学者孔子の
    言動を纏めた論語の中の、
    『歳寒くして然るのちに、
    松柏の凋む(しぼむ)の後るを知るなり』
    という一節から引き出されています。
    季節が冬になって周りの樹木の葉が散り、
    枯れたようになっても、
    松と柏はその青さをしっかり保っている、
    現代風に訳すと、
    事が順調に進んでいる時は目立たないが、
    一旦逆境になった時にこそ、
    その人の真の強さ、実力が発揮され評価される、
    そんな意味でしょうか。
    私の後ろの日の丸の右にある柏原高校の校章は、
    その松と柏の葉がデザインされています。
    柏原高校在学の3年間で、
    是非逆境に打ち勝つ確かな実力を身につけて
    来たるべき社会に立ち向かって下さい。
    新入生の皆さんに幸多からん事を祈って
    入学の祝辞と致します。

    県立柏原高校平成31年度入学式にて