兵庫県議会議員 石川憲幸(いしかわのりゆき)の公式サイト
文字の大きさ変更

最新のりさんブログ

  • 丹波地域農政環境委員会調査

    [ のりさんブログ ]  2018年2月23日

    57-1 57-2 57-3 57-4 57-5 57-6 57-7 57-8 57-9

    2月7日、
    1.青垣町小倉の足立栗園を視察。
    栗は皮を剥いてから0℃で
    30日間ほど保存すると、
    甘みが3倍ほどに強まるなんて、
    丹波出身の私も知らなかった。
    丹波栗の主産地形成に向けて、
    更に生産面積を拡大している。

    2.氷上町の丹波乳業(株)を視察。
    牛乳生産は大型メーカーに集約されつつあるが、
    地産地消で頑張っている丹波乳業(株).
    衛生環境の良好な乳牛から絞った原乳を
    その日のうちに加工工場に持ち込み、
    風味を損なわないように低温殺菌して瓶詰め、
    丹波地域や一部市外にも搬送して、
    高品質で美味しい丹波乳業牛乳を提供している。

    3.山南町の兵庫パルプ工業(株)を視察。
    環境に優しいバイオマス発電設備が、
    1993年に3号機稼働、
    2004年に4号機稼働、
    そして今回2018年に5号機が稼働する。
    全てのバイオマス発電で約8万kWを発電、
    一般家庭で約16万世帯の電力量に匹敵する。
    1日400トン〜500トンの燃料チップが必要、
    未利用材、木質廃材の供給を通じて、
    森林整備や木材振興に、
    大きな貢献を果たしてくれると期待している。

    農政環境常任委員会に随行IN丹波市内

  • 丹波軟式野球協会総会

    [ のりさんブログ ]  2018年2月23日

    56-1 56-2 56-3 56-4

    2月4日、
    少子化の波は野球の世界にも
    大きく押し寄せており、
    深刻な事態になっている。
    以前は各小学校区内に
    少年野球1チームが編成されていたが、
    今や旧町(4小学校区)で
    1チーム編成出来るかどうかという
    厳しい状況に陥っている。
    何も野球に限ったことではないが、
    9人編成のスポーツなだけに、より深刻だ。
    せめて志し高く野球に関わっている子供達が、
    より快適にゲームに取り組めるよう、
    また中学生や社会人の皆さんが
    充実した野球ライフを過ごせるように、
    引き続き頑張っていきます。

    丹波市軟式野球協会総会IN春日住民センター

  • ひょうご土地改良の集い(西村副官房長官を迎えて)

    [ のりさんブログ ]  2018年2月23日

    55-1 55-2 55-3

    2月4日、
    平成21年度土地改良事業予算は、
    全国ベースで5772億円確保されていたが、
    民主党政権に交代した途端約3100億円に。
    3年半後安倍自民党政権に戻ってから、
    徐々に盛り返し、
    平成29年度補正予算で1452億円と、
    平成30年度当初予算4348億円(国会で審議中)、
    合計5800億円の予算規模まで回復出来そう。
    ただ補正予算では、年初計画が立て難く、
    出来れば当初予算で満額を確保したいところ。
    引き続き健全な土地改良事業振興に向けて
    共に頑張っていきましょう。

    ひょうご土地改良の集いIN神戸市内ホテル
    西村康稔副官房長官をお迎えして

  • 神戸電鉄本社との意見交換会

    [ のりさんブログ ]  2018年2月21日

    54-1 54-2 54-3 54-4

    2月2日、
    本年、創業90周年を迎える神戸電鉄、
    昭和3年に有馬〜三田線を開業して以来、
    三田線(有馬口〜三田 12.0km)
    公園都市線(横山〜ウッディタウン中央駅 5.5km)
    有馬線(湊川〜有馬温泉 22.5km)
    粟生線(鈴蘭台〜粟生 29.2km)
    現在は上記4路線を有している。
    しかし採算は非常に厳しく、
    黒字の有馬線が、赤字の3路線を支えている。
    通学・通勤需要の減少や道路網が充実して
    車に依存したライフスタイルが大きな原因だが、
    4枚目の写真にあるように、
    鉄道1車両の定員は120名、
    これをバスやマイカーに置き換えた時の
    道路の渋滞は市民生活に大きな影響を与える。
    平成25年に制定された『交通政策基本法』に
    記載されているように、公共交通の維持には、
    『交通だけで考えるのではなく、まちづくりや
    観光といった他の施策と関連づけて考えるなど、
    地域の暮らしと調和を図り、公共交通は
    地域皆んなの財産という意識の醸成、
    県民・市民の参画および協働を促して
    行くことが重要』という考えに立って、
    これからのあり方を模索して行くべきだ。

    建設常任委員会管内調査IN神戸電鉄本社にて
    公共交通機関との意見交換会

  • 伊丹スカイパークを視察

    [ のりさんブログ ]  2018年2月21日

    53-1 53-2 53-3 53-4 53-5

    2月2日、
    大阪伊丹空港西側の伊丹市上須古地区、
    空港川西地区、福勝寺地区等は、
    空港開港当時から騒音激甚地区に当たり、
    長年飛行機の離発着騒音に悩まされてきた。
    特に今は少なくなったジャンボジェット機の
    騒音はハンパなかったとの証言が聞かれた。
    空港と同地区との間に緩衝緑地を確保する事で、
    騒音の緩和が図られ、生活環境の改善に寄与し、
    また憩いの場や災害時の避難地として活用する、
    そんな丘陵地が計画され、国、県、伊丹市が、
    平成5年から20年までの15年間で、
    ダンプ13万3000台の土砂を使い、
    面積8.6ヘクタール、事業費233億円で、
    整備し、グランドオープンした。
    名付けて『伊丹スカイパーク』
    年間維持費の1億円は、
    80%を駐車料収入(1台20分100円✖️350台)
    残りは伊丹市が負担している。
    スカイテラスでしばらく旅客機の離発着を
    眺めていたが、なかなか楽しいひと時だった。

    建設常任委員会管内調査IN伊丹スカイパーク