兵庫県議会議員 石川憲幸(いしかわのりゆき)の公式サイト
文字の大きさ変更

のりさんブログ

県立青野ダム管理所を視察

2018年2月9日

45-2 45-4 45-5 45-6

1月19日、
武庫川(篠山市から尼崎市)における
想定氾濫区域の人口は約110万人、資産17兆円。
これは2級河川では全国1位の規模である。
昭和58年台風10号災害を受けて、
平成5年に武庫川ダム建設が計画されたが、
反対の声が上がり平成9年に河川法も改正され、
治水利水と環境にも配慮すべきとの提言を受け、
約300回の徹底した議論を踏まえて平成23年に
『武庫川水系河川整備計画』が策定された。
現在の流下能力2720m3/Sを
昭和36年6月洪水と同規模の
3510m3/Sまで引き上げる。
その為には河道掘削、堤防強化、
遊水池整備等を進める。
そして本日調査する青野ダム、
予備放流容量を拡大する事によって、
洪水調整能力を更に高めて、
目標流量を達成する予定だ。

自民党議員団建設部会調査.青野ダム(三田市)